アーカイブ

カヌー&キャンプ@中禅寺湖 06

わたしたちは、以前ししたろさんがツーリングキャンプで寄った足尾銅山へ向かうことにした。

ススキはもう穂が出ていて、コスモスも花を風に揺らしていた。

足尾銅山は、ししたろが撮って来ていた写真で見ていたけれど、やはり生で見ると迫力が違う。
わたしたちのいる場所とこの画像の中の場所の間には川が流れている。
わたしたちのいる側は民家があり、朝起きればこの写真の風景が毎日広がっているはず。

かつてこの精錬所が稼動して、この辺りに活気があったときの風景はどんなだったのだろう。
煙がもうもうと立ち上がっていたのだろうか。
川はどんな表情をしていたのだろうか。
そして、周辺の山の木々は姿を消していった。
人々は…?
今、木々が消えてしまった禿山は人の手によって緑が少しずつ増えているらしい。

渡良瀬川源流という川の向こうには三角の山が見えた。人工的なピラミッドのような山。

そして今、緑は甦った!
と書かれている。
みんなで緑を大切にしてください。と。

ここは教訓になっているのだろうか。

他の生物がたくさん暮らしている地球で、極少数の生物「人間」がしてきたこと。
まるで人間が地球を牛耳っているかのように振舞っていること。
この地球上で人間が生息できる場所は本当に少ないこと。
そしてそれを進化のごとく拡大していけば、人間の首を絞めるように生き難くなること。

ししたろさんがここを見せたい、と言っていたことがよくわかった。Thanks Shishita!

しかし、ここの気は重かった。
観光バスも、個人の車も次々にやってくる。
でも活気もなかった。ただひたすら重い空気が漂っているように感じてしまった。

パセ&ポプもトイレ休憩だけで、すぐに車に乗せる。
そして、出発。

来た道を戻ろうと思ったら、標識があり、右に「銀山平」と出ていた。
歩きなら直接行ける道があると知っていたししたろさん、車でも行ける道があると知って驚いていた。そんな道を発見したら試さないわけにいかない。

これまでの経験もあるし、恐る恐る進んでいく。

重い気はこんなときにも影響していて、今日は無理しない、ということでとても慎重。
道が舗装されていても用心深く先を見に行ったりする。

ししたろさんが先の様子を見に行っていたら、普通の車が後ろからやって来た。
まさかこんなところに車が来るとは思っていなかったから、道の真ん中に停めていたので、道の端に避ける。
その車は、「どうも~っ」という雰囲気でかっ飛ばして行った。
呆気に取られてしまったわたしたち。
あの車で、あのスピードで行けるというのは、デリカだったからまず間違いない、はず。
ということで前進。

しかし、やはり恐る恐る。
そんなわたしたちの心配なんてお構いなしのパセ&ポプ。車の中でもくっつき虫(^^)

途中に関東ふれあいの道という標識も立っていた。
怖がりすぎだったみたい(^^ゞ

銀山湖に出た。

気になっていた場所だったけれど、見ることが出来て吹っ切れた。おもしろくない(笑。(銀山湖違いだっだとはっきりわかったのはこの数ヵ月後。わたしの行きたいと思っていた銀山湖は奥只見湖という別名銀山湖だった。ししたろさんがツーリングで行ってからずっと不思議に思っていたけど、なぜか突っ込んで調べないままいたのよね(^^ゞ)

しばらくすると道の駅の看板があった。知っている名前の気がした。
しかもあまり良い記憶がない。
果たして、寄らなくてもいい、という道の駅だった。寄って、車から降りて、店に入って、納得した。降りる前に思い出せないなんてボケねぇ。

さっさと車を出す。

2年前の苦い思いもあったり、今回の気の重さもあって、今夜はこのまま帰宅することにした。


流山で高速を降りるとき、18時を少し過ぎていた。
もう暗くなっている。
これからはパセ&ポプとのキャンプやドライブにいい季節になる。

[了]




facebook comments:

カヌー&キャンプ@中禅寺湖 06

  • ドクちん家@syuji

    こんばんは!レポお疲れさまでした。あの時のひなたのカヌーデビューが昨日の事のように回想され新鮮に蘇りました。我が家では自分たちの事で精一杯で全然画像を残して居らずにいたので、レポ拝見できて感謝してます。(^_^)気の合うメンバーが集まり過ごす一時は、まさに至福の時です。みんなと過ごせる、この大切な時間を今後も大事にしたいと思ってますので末永くお付き合い願いますねー。またみんなで漕ぎましょう!

  • > syujiさん
    レスが遅くなってしまってごめんなさい。
    季節もすっかり変わってしまった今頃の完成でほんとにお恥ずかしいのですが、
    なんと言ってもやっぱりひなたちゃんのデビューですから!
    (もっとちゃんと書きたかったんですけど^_^;)
    とにかく最後まで…とがんばってみました(苦笑。

    こちらこそ、ずっとずっと変わらぬお付き合いを、どーぞよろしくお願いいたします。
    次にお会いできる時が、またまた楽しみで~す(^^)/

Leave a Reply

 

 

 

CAPTCHA