アーカイブ

館山ドライブは懐古ドライブに 01

出発忙しさにかまけて出かけられない。
日帰りで出かけるというのは我が家としてとても贅沢でもったいない行動だけど、ちょっと秋のイベントの下見ということを目的にひとっ走り行って来ますか?
ということで、パセ&ポプをぽんぽんとリアシートに乗せて、出発。
出来るだけ街中を通らないコース。
前方から警察の車輌が、まるでよく見かける自衛隊の車列のように連なってきた。なにかあったのだろうか。 [ 続きを読む ]

冬ごもりキャンプ 01 枯れ葉積もるキャンプ地で

午前中たらたらと過ごしてしまい、気付くとお昼を過ぎていた。

これから出発したら、現地に到着する頃にはもう陰ってしまう。
途中で買出しすることも難しいかもしれない、とパセ&ポプの旅前の散歩をしながら話をする。

パセ&ポプの散歩は夫がしてくれるというので、少しでも時間短縮をするためにわたしは途中で家に帰ることになった。
ひとり家に帰ったわたしは、わたわたと冷蔵庫から野菜を取り出す。

大根、人参、白菜などをがんがん切り、シャトルシェフに放り込む。
持って行く食材の、白菜は一枚一枚はがし洗い、きのこ類、ねぎ、水菜などもすぐ使えるようにしてジップロックへ入れ、かちんこちんに凍った鶏肉とともにクーラーバッグに収めた

散歩から帰ってきたパセ&ポプの足を拭いて、シートベルト着用の乗車仕様にすると、ぽんぽんと車へ放り込む(^^)。 [ 続きを読む ]

お山に行こう 02

目を開けると、目の前に碁盤の目のような筋交いが見えた。
ここはどこ?
あぁ、そうだったデリカD5で寝ていたのだった。ゴムメッシュの荷物置きが碁盤の目に見えたらしい。
そういえば友人たちはどうしたのだろう。
うだうだごろごろしていたら先に夫が起き出した。
外に出て行った夫に聞くと、友人の車は近くにあるらしい。
よかった、無事発見してもらえたようだ。 [ 続きを読む ]

思いがけず雪中キャンプ@湖畔 02

朝、何度か目が覚めて、5時過ぎに時間を確認した。 もう少しシュラフに入っていよう。

あれ? 雪が積もっている。6時過ぎてシュラフから抜けてリアのカーテンを開ける。
ん?
ししたろが運転席に移って行くと、言った。
「あれ?」
「雪?」とわたし。

[ 続きを読む ]

仲間と湖畔で焚き火キャンプ 01

仲間たちが連泊できなくなり、我が家は予定通りと思ったら、仕事が入ってしまい仲間が来る前の日から入ることはできなくなった。せめて車中泊して早朝から漕ぐぞという勢いでいたのに、それさえ叶わなくなり、デリカD5が来てからは珍しい早朝の出発。 [ 続きを読む ]