アーカイブ

犬連れレスキュー・ワークショップ@中禅寺湖 04

いったんサイトに帰ってきて、次は夕方。カナディアンオーナーはカナディアンを出す。
明日、天気が崩れてもいいようにできるときに行ってしまおうとみんなやる気満々。



ドクちん家は今日がパスファインダーの進水式。はっと気付くとシャンパンのコルクが空中を高く飛び~が二度あり…。コルクをRyuさんがレスキューしてやっとみんな揃って進水式をすることができた。




一年前の今頃、うみ家のパスファインダーの進水式だった。そして、同時にドクちん家の新たなる出発のためのサインをしたここ中禅寺湖。なにかと嬉しいイベントがある中禅寺湖の9月である。

ういんどさんちも、これまでの江戸川ではレンタル艇で漕いでいたので、やっとスターンズの進水式だった、はず。わたしだけ立ち会えなかったのかしら??? 写真もなくてごめんなさいm(__)m

また来年もなにかイベントがあると嬉しいなあ(^.^)。

カナディアン3艇とスターンズ2艇でまた浜へ向かう。

カナディアンで沈、ひっくり返った艇を戻して再乗艇にチャレンジする。


Ryuさん: こんなふうにカヌーを持ち上げて~

みんな夢中になってやっていた。


Ryuさんとししたろでデモンストレーションのあと、あっちこっちでひっくり返ってはまた乗り込む練習。真剣な中にも笑顔がいっぱい。笑い声も上がる。


水舟になったうみ家。どんどん沈む。浮力体、とびなさないようにね~(^.^)

辺りが薄暗くなってきたのでキャンプ場へ。
カナディアンは暗くなるともう他から見極められないほど。闇夜のカナディアン。スターンズは黄色で目立つので、Ryuさんのスターンズとういんど家のスターンズに挟んでもらって進む。
中禅寺湖では漁船とカヌーの衝突事故もあったそうだから気をつけなくては。もう夜も早くなってきているし、ヘッドライトくらいは持っていかないとね。反省。
遠くにきらきら輝く街の灯りも見える。久しぶりのナイトカヌーはなかなか楽しい。

ドクちん家のひなちゃんを見てくれているYukoさんのお母様が心配しているだろうということで、わたしたちはカナディアンを激漕ぎしてサイトに戻った。この辺りのRyuさんの配慮にはほんとに感謝する。

暗いと先が見えない。サイトにも灯りがないし、どこからどう入っていいものやら…真っ暗は怖い。

お母様はやはり心配だったようで、コテージから出て暗いタープの下でひなたちゃんとドクちんパパ&ママの帰りを待っていた。ご心配をおかけしてすみませんでしたm(__)m

着替えをしたりして、それぞれの時間。
Ryuさんとまた明日の打ち合わせなど濃淡のある話を我が家のシェルでしていたら、タープの下にはご馳走を持ち寄ったみなさんが集まっていた。
もう食べられない~と悲鳴を上げるほど、おすそ分けをいただく。

すでに筋肉痛のわたし。手の指の筋肉までがここぞとばかり存在を主張していた。
パセ&ポプもかなり疲れたらしく、自らルームに入る~と催促してシュラフにくるまって寝ていた。が、夕餉の楽しそうな雰囲気に今度はポプラが仲間に入るから「出して~っ」とねだりはじめる。

昼間の沈&再乗艇ですっかり疲労困憊で固まってしまったクーパーはずっとお休み。「くぱはいませんから…」というくらい静か。ルームを覗いて声をかけても微動だにしないので、心配してしまったほど(笑)。うみくんとパセリは焚き火のはぜる音が怖くてルームで丸くなっている。
ドクちんはいつもと変らず、いつものようにまんまる目でみんなの間にいた。

そして、みなさん明日に備えてお開き。

どうか明日も晴れますようにと祈りつつ。




facebook comments:

犬連れレスキュー・ワークショップ@中禅寺湖 04

  • 続きが楽しみです、ワクワク(笑)

  • Ryuさん、駄文をご覧頂き恐縮です。
    しかも、1ページ#3をアップし忘れてました~(汗)

  • ういんど

    アップし忘れで良かったです。
    ぼくの記憶がトンでいたかも?ってちょっと焦っていましたぁ。
    でも、夕方になる前のデモンストレーションのあと、カナディアンの男性陣だけは練習していたんですよね。
    それはすっかり忘れていました。(^^;)

  • ういんどさん、ごめんなさいm(__)m
    テキストはほとんど書いてあるのですが、今頃のアップとなると記憶が曖昧で…^_^;
    なーんかおかしいと気付き、あわてました~(汗)

Leave a Reply

 

 

 

CAPTCHA