アーカイブ

サマーキャンプ!? 06



夜中、時折強く雨が降ったけれど、夢から覚めるほどではなかった。
目覚めて、シェルから外に出てみると、あたりは霧が立ち込めていて、いかにも高原の朝という雰囲気になっていた。

朝は簡単に…。ミューズリーがなかったのでグラノラwithヨーグルトと、目玉焼きにウインナー。


朝もやの中で放牧。


びしょぬれパセ&ポプは、ルームも撤収されたシェルの中のコットの上でしばし乾燥中(笑。



早めに撤収して、わたしたちの大好きな会津か、2年前にパセ&ポプを置いて行った草津白根を通って帰ろうか、とししたろが言う。

草津白根の方だったら、時間に間に合うのではないかと考えていた。

妹は今夜、お通夜に行く。だから16時半頃には家に着いていなければならない。



シェルはスカート部分が乾ききらなかったけれど、ほぼ乾いていた。

それでも多少は湿っているので、ルーフボックスに入れる。
シェルのあった場所は乾いている。
囲われていたシェルも、コットもなくなって、
長いリードの先のペグを抜いたのに、パセ&ポプは気付いていないらしい。

食材は減っているのだから荷物も減るはずだけど、今回はモービルクールなのでほとんど容量は変わらない。
名残惜しそうに地球を抱きしめるパセ&ポプ。そして、少しずつ移動してみる。長~いリードだって思ったかなぁ(笑。

すべて撤収して帰路へ。無印のキャンプ場内の道は林道のよう。
管理棟と炊事場の間にいたこひつじ保育園のこひつじたちにパセ&ポプが興味津々。新鮮なラムだと思ったかも(笑。


今日は細い道を見つけても入って行ってはいけない。
山を降り、道の駅に寄ってお昼になりそうなものはないか探したがなかったので、斜め向かいにあったセブンイレブンで昼食を買い込んだ。
ナビによると、白根を通って帰ると、17時頃になってしまうらしい。
いつもナビの到着予想時間より早くなることはわかっている。
でも、渋滞で予想より遅くなることも考えられる。

万全を期して、どこにも寄らずすべて高速で帰ることにした。
我が家では珍しいこの行程。

高速に乗ると、眠気が襲ってくる。
眠らないようにしていても、大きく舟を漕いでしまう。(言い訳じゃないけど、デリカD5って眠くなるのよ(笑)。

SAに寄って、パセ&ポプも休憩する。
車の多さにびっくり。まだまだ世間はお休みなのねぇ~。
噂の『うずまきパン』と書かれていたので、ためしに購入。カスタードの渦巻きと塩気のきいたパン。ま、おみやげということで…(^^)

車に乗り込んでから、今日は妹もいるし、子どもの頃のように車の中で遊ぶことにした(笑。
あまり舟漕いでいたらドライバーに悪いものね(^^ゞ

小学生の時、塾に行く電車の中でも友達と道具なしでいろんなゲームをして遊んでいた。

携帯ゲームやDVDがなかった時代だけどね。
でも、今、そういうものがあるからって、携帯ゲームやDVDで子どもたちをおとなしくさせるのはどうなのだろうと首をかしげる。そういう人たちが多いらしいから、それが”普通”なのかもしれないけれど…。きっと現代だっていい意味での”普通じゃない”親たちはいる、と思いたい。
小さい頃にテレビや動画ばかりを見ていると、イマジネーション力や集中力を養うせっかくのチャンスを失うと思う。子どもからそのチャンスを奪ってしまう親ってこわいし、そうやって育てられた子どもたちの行動も怖い。

まずは、樹の名前ゲーム。
知っている樹の名前を順番に言っていく。妹は仕事柄建材で攻めてきた(笑。
樹の名前にみんなが詰まったので、次は魚の名前。
釣り好きのししたろが俄然強い。妹はおすし屋さんの湯呑を描いて応えていたらしい。

途中抜けたトンネルの向こうが真っ白に見えた。案の定、トンネルを抜けると土砂降りの雨。洗車されているみたい。


ゲームは天候に関係なく続く。今度は車の名前。これは誰もが脇を通る車にヒントを得ることが出来る。最近は数字が名前になってしまった車が多くなってきている。この先このゲームに車の名前は難しくなるかもしれない(苦笑。
そして、国名、県名、アメリカ州名…。

そんなことをしていたら、すぐに外環に到着した。

まだ時間があれば漢字ゲームをするつもりだった。
漢字ゲームは小さい頃、親を始め、訪れる客人の大人の方たちと、応接間で食事をしながら一緒にやっていた。まだ知らない漢字が多くて、悔しい思いをしながらも結構漢字を覚えた思い出がある。

結局、到着は余裕の15時半。

あっけない夏休みキャンプだったけれど、妹がいると楽ちんだということがよくわかった(笑。
今度は涼しくなってから、行こうと言っている。

(涼しくなってからのアップになってしまったよぉ(汗。)




facebook comments:

サマーキャンプ!? 06

  • 美樹

    一気に読んでしまいました^^
    richaさんのレポ、読み応えたっぷりです。
    (いいなぁ、いいなぁ、という感想ばかり^^;)

    無印はなかなか良いという話を聞きました。
    (私は友達を誘うか、何かに参加してという形でしか行けないと思うけれど・・・^^;)

    私たちの小さい頃と違って、今は色んなものが溢れています。
    ゲーム、DVD。そして環境。
    だからこそ、意識して気持ちを外に向けさせるのは大人の役目なのでしょうね。
    色んな親がいて、色んな子がいます。結構考えさせられることは多いです。

  • 美樹さん、一気読み、お疲れ様&ありがとでしたm(__)m
    無印は、今まで遠目で見ていたのですが、なかなか良かったです。しかも無印の中でもあまり評判が良くないらしい津南で良かったのですから、きっと他はもっといいのじゃないかと期待いっぱい(^^)
    勝手ですが、美樹さんとキャンプでゆっくりおしゃべりしたいなぁ、といつも思っています。

    >>私たちの小さい頃と違って、

    きっと美樹さんの方が切実に感じているんでしょうね~。
    わたしのときは、基本的にTVが今のゲーム等々のような感じだったのではないかと思うんです。
    TVを見る時間や、番組の選択は、親がコントロールしていました。自由だった友達を羨ましく思っていたんですけどね~(^^ゞ

    いろんな親が今問題みたいですね。
    どうしてこんなことになっちゃったのか…。
    その辺のこと、重要ですよね。

Leave a Reply

 

 

 

CAPTCHA