アーカイブ

芳ヶ平トレック&キャンプ 04

1時間ほど歩くと霧の向こうからチェーンソーの音が聞こえてきて、霧の中にうっすらと小屋らしい建物の一部が見えてきました。でもそのときはそれがヒュッテだとは思わなかったのですが…。
そのまま歩いていくと、いきなりヒュッテが現れました。

ヒュッテは「宿泊者の準備のため終了」と案内が出ています。
ヒュッテのアイドル、ビアデッドコリーのフロール&バードちゃんが出迎えてくれました。ポプラよりも盛大な出迎え方に少々驚き(苦笑)。パセリがいたら「キクちゃ~ん」って大変なことになるでしょう。


電話でお話していたので受付してもらいました。
出てきた奥様は、うっすらとピンクのショットーヘアできちんとセットしていて、お化粧もばっちりの山小屋のイメージとはかなりかけ離れたお洒落な方でした。
でも、事前に電話して確認したとき、お風呂のことを聞いたら「ヒュッテ泊の人しか使えません。値段が違いますからね。」と言われたそうな。別にただで入れてくれ~と言ってるわけじゃないのに。そして別に聞いてもいないのに「テント泊の方への食事提供も断ってますから」とも言われて、ちょっぴりマイナスな感じを受けてしまったわたしたちでした。ハイカーには食事の提供もしているのに、なぜ? まぁ、いいんですけど。

野営場利用料とトイレ利用料をお支払いして、野営広場へ。ヒュッテからは3分くらいかな。
木製のテーブルと椅子があるのでそれを利用させてもらいます。

今夜ははなかなか設営できなかったGOLITEのHEX3です。やっと立てる事が出来ました。
家で試しに立てたときも、その広さにびっくりしましたが、しっかり設営してみるとますます広い。マイナス3度になるこの時期にHEX3&ネストって考えただけでもブルブルしたので、ダスパーカーも持ってきていました。
が、幸い温度がそれほど下がらなかったのもあったのでしょうけれど、HEX3&ネストって寒くない。これにはかなり驚きました。



寝床が出来たので、カレーを作ることに。今回はこれ。山岳グルメのきのこカレー。実は賞味期限切れ(笑)。
いつも非常食として持っていっていて、なかなか口にすることが出来なかったこのカレー。念願かなって今回やっと食べることが出来ました。
これ、想像以上に美味しい!! 賞味期限内だったら、もっと美味しい!?
辛いのが好きなので唐辛子もしっかり2本入れましたが、これはうちの常備食に決定です。こんなにおいしいなんて思っていなかったのでかなり驚きでした。スター商事のOさん、大変失礼をしていましたm(__)m 帰ったら即注文です。(帰ってきてから、注文しました。カスケードループでも在庫してます(^.^) ※ただしきのこカレーはなくなっていました。エビとか、野菜とかあります。)

持ってきたツォップのパンとカレーと、やっぱりこれがなきゃと眼鏡屋さんのとなりのスーパーで買ったビール(発泡酒)を一本ずつ。重い思いもちゃらになります。

雲はどんどん流れて、風景を変えて行きます。



雲がかかると赤い屋根のヒュッテはまったくその姿が見えなくなり、視界は周囲5メートルあるかないかほどになり、ここはどこ?といった具合。
その昔、スキーに行ったとき吹雪いて目の前3メートルも見えなくなったときがありました。すぐそこに小屋があったのに、まるっきり見えなくなり一歩も動けなくなったのです。幸いそのときはすぐに視界が開けましたが、スキー場でも油断はできないとそのとき身を持って知りました。

雲が切れてヒュッテだけでなくその後ろにそびえる山も姿を現すと、ほんとは色鮮やかな世界にいることに気付かされます。

でも、野営場のそのすぐ脇は遥かかなた下に谷間がある断崖! 霧の中では気をつけなくちゃ。

霧がますます濃くなってというか雲が雨雲になったらしく水分がかなり多くなってきたので、テントの中へ入ることにしました。

パセ&ポプのいないテントの中はしーんと静か。

画像はHex3のポールにプライムライト・デイリー・プラスをキャリーバッグに入れてぶら下げたところ


母の作った梅酒を持ってきていたので、サーモスにホット梅酒を入れてテントの中で静かな夜を過ごしました。外を見ても星空もなく数メートル先は真っ白の世界。
携帯電話の電池がもうすっからかんだったのでレスQ隊で充電。しかし、携帯ってほとん電気を使うんですよねぇ。充電して、電源入れてみるとそれだけでもう消耗してしまって、もういたちごっこ。帰ってから気付いたんですけど、メールの確認とか裏で動いていることを停めておけばよかったんですね、きっと。
20時頃、レスQ隊のラジオで天気予報を聞くと明日も晴れ間は午前中だけらしいので、午前中にはここを出発することにしました。

ふと、ここには熊が出ないのか?と心配になったわたし。食料は外に出しておいたほうがいいの?
でも管理人の人からも何も言われなかったし、案内所にも、途中でも「熊出没注意」はなかったはず。

だいじょーぶよね、ということに…。そんなんでいいのか^_^;

HEX3の中はプライムライト・デイリー・プラスで十分明るく、キャリーバッグに入れるとまた雰囲気も良くなります。

ときどき、入り口から外を覗いては星が見えないか確認するのですが、今夜は無理そう。いつまでも一面真っ白の中にいるようです。

もそもそとシュラフに潜りこんで21時頃には就寝。早いなぁ(笑)。

早く眠りに着いたので、24時過ぎには一度目覚めてしまい、まだこんな時間だ~とししたろさんとまた外を覗いてやっぱりダメだと苦笑いして、また寝ました。
27時頃にもまた目覚めて、また寝ます。
次は朝5時頃。今度は起きだしました。




facebook comments:

Leave a Reply

 

 

 

CAPTCHA