アーカイブ

能登でのんびり 05

早くももう家に帰る日。
これまでの、良く言えば臨機応変だけど、単なる無計画な旅をしてきたわが家としては驚くべき旅の仕方(笑)の旅が終わる。

それもこれも、永遠の5歳だったパセリが、15歳となって無理をさせたくないから。
少しでも負担を少なく(他の人たちから見たら、9時間のドライブなんてとてつもないストレスを与えていると思われるかもしれないが)するため、うろうろしない。
今日はのんびり自宅へと帰る。


おはよう、パセ&ポプ朝、目が覚めたら、ポプラの爪が折れていた。
5時過ぎに起き出したけれど、パセリはくうくう寝ている。ポプラは迷惑そう。
起こすまでゆっくり寝てて〜。
思い切り広げた荷物を整理して車に積み込んで行く。

ごはんづくり炊飯器でワカメ出汁のごはんを炊いた。わが家では炊飯器を使わなくなっているので炊飯器を使ったのは久しぶり(笑)
パセ&ポプは寝ていられないらしく、起き出した。
パセリはいつものように私の足下をうろうろ。ポプラは少し離れたところから様子を見ている。
自家製茎ワカメの佃煮を具にしておにぎりを作った。
パセ&ポプ用にも巻物を作った。

遥か沖を近海郵船がゆっくりと北上して行った。
この海、見納め。
心がざわざわした。

7時には最低限必要な荷物以外はほぼ車に積み込まれて、部屋はがらんとなった。
ソファのカバーも、フロアーの敷物もほぼなくなった。

そして、パセ&ポプは朝ごはん。

そして私たちのごはん。

掃除機をかけていたらポプラの姿が見えなくなって慌てた。
どこからも外には行けないはずだから、家の中にいるはずだし、ひとりでどこかへ行くポプラではない。
でも、慌てた。
障子の向こうの和室(入れないように障子を閉めていた)にも、ポプラの名前を呼びながら入って行くと…
なんと上座の座椅子でちゃっかりくつろいでいた(・Θ・;)
怒られてちょっとムッとしているポプラ。
(と怒りつつも掃除機が怖かったらしく居場所を探して隣の部屋に逃げ込んでいたポプラが可愛くてパチリσ(^_^;))

出発予定の9時、部屋の中はがらんとなった。

目の前の海は変わらずきれい。
そして波は規則的なような、不規則的なような音を奏でている。
とても名残惜しいが、出発しなくては。
車に乗る前にパセ&ポプの散歩。

出発大きなスズメバチが飛んで来た。
慌ててパセ&ポプを車に乗せる。
偵察に来ていたのか去って行ってくれた。

大家さんにご挨拶に行くと見送りに出て来てくれた

ハンモックはありますか?
うちのサイトを見てくれたらしい。
ブランコが壊れているのでハンモックがあったら夏に来る子どもたちが喜ぶかと思って探しているそうだった。
ご希望に叶う物がうちにあればいいけれど…。

4泊5日のお礼を言って、もうしばらく戻る事はない能登の(仮の)わが家を出発した。

5日前来た道をトレースしながら…
最初に寄ったお店を懐かしく思いながら…

出来るだけ帰路は来た道とは違う飛騨、平湯、上高地を通るルートを行くから、もうここ数日間の思い出に浸る場所は出てこない。

パセ&ポプと何度も通っている道を行く。
懐かしい景色にいくつも思い出が甦り、車内はこれまでの旅話で盛り上がる。
通った事の無い道が使えれば、その道を行く。パセ&ポプとまた新しい思い出ができる。
カミオカンデ付近でも、はじめての道を通った。

前に北ノ俣岳登山口から人を乗せてここまで来た(初DELICA D:5 車中泊の旅 10 北ノ俣岳登山口 )。
以前は駅で閑散としていた場所がにぎわっている。
パセ&ポプの休憩に立ち寄ってみると、レールを使って自転車やバイクでのちょっとしたアトラクションになっていた。

後ろ髪引かれている夫の髪を切ってw、出発。
また、これまで通った事の無い道へと入って行く。

山の中へ中へと入って行く道。
こ綺麗な集落がいくつも現れては消え、町へと出た。

長野の名物お焼きのお店があったので寄ってみた。

あとは高速にのってひたすら家路を急ぐだけ。

パセリもポプラも長いドライブをなんとかこなしてくれている。

19時前、わが家に到着した。
パセ&ポプ、おつかれさま。
みんなで一緒に旅が出来る事に感謝。
また、行こうね。

 

**********************************

今年中に更新しなくては、とそれだけを目標にアップしました。
テキストは能登の旅から2ヶ月くらいで書いたもののままです。
画像も能登でのんびり03」くらいまでは作っていました。
が、それから触れる事が出来なくなってしまい、2012年末ぎりぎりになってしまいました。

デイリーびょんびょんをご覧頂いている方はご存知かと思いますが、パセリは2012年9月26日にひとりで旅に出てしまいました。

そして、パセリがひとりでの旅を選んで早くも3ヶ月が過ぎました。
あまり画像も見る事が出来ず、書いていた文も読めないままアップします。

この旅が、パセリとの最後の長距離ドライブでの旅になんてしない!
来年のこの時期、またみんなで来ようね!と誓った旅でした。

本当にパセリはがんばってくれました。

全国津々浦々、パセ&ポプと旅をしてきましたが、この旅がパセリとの最後の長距離、連泊旅となってしまいました。
レポをさぼっていたため、こんなコメントを書くはめになってしまいました。
すぐに書いていれば、まだまだ次の旅を計画していたので涙なしでアップできたでしょうに。

半年経ってからこの旅を振り返ると、ほんとうにパセリはがんばって少しでも長く元気で一緒にいてくれようとしていてくれたのだと感謝でいっぱいになります。

久しぶりの海で、波の音、香りも満喫してくれたようでした。

パセリが来てくれたおかげで、日本を見直し、各地をふらふらと気ままに旅する事ができました。
後に迎えたポプラともとっても仲良しで、一緒にあちこち巡れたことは最高の幸せです。

パセリはひとりでの冒険の旅にでましたが、今もまだ時々私たちと一緒にいてくれます。
レポの画像に出てくる事はないかもしれませんが、私たちはいつも新生パセリの”パセリ☆”と一緒です。

各地でパセリをかわいがってくれたみなさま、キャンプなどご一緒してくださった皆様、レポをご覧頂いていた皆様、ほんとうにありがとうございました。

支離滅裂になってしまいましたが、
これからも変わらずパセ☆&ポプをどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m




facebook comments:

Leave a Reply

 

 

 

CAPTCHA