アーカイブ

東武ワールドスクエア〜中禅寺湖

高校二年の夏休みにお世話になって、その後もずっとおつきあいして頂いている大切なご夫婦が来日したので一緒に出かけてきました。

実は今年1月末頃(?)にメールが来て日本に2月に行くってどう?と聞かれたのです。スキーでもするならいいけれど、日本に来るなら春か秋!と知らせたにもかかわらず、2月に行くよ〜♫とメールが来たのです。
しかし、その後すぐに夫ウェンドルが自転車で腕折って行けなくなった、というメール。
次に来たメールは、4月初めの東京にいるよ〜というメールでした。いつもサプライズな彼女パットヽ(*’0′*)ツ

まぁ、そのサブライズな彼女に高校2年生だった私は助けられたのですが…(笑)

今日は、ミニチュアドールハウスを創ることが趣味のパットがどうしても行きたいという東武動物…じゃなくて東武ワールドスクエアにみんなで出かけることになりました。
ポプラもカートに乗っていれば可能なのですが、日帰りの行程、かなりハードになりそうだったので母に預けて行きました。

3年前に来日したときと同じようにうちの最寄りの駅まで来てもらってピックアップ。
車内はウェンドル以外ずっとハイテンションで、東武ワールドスクエアに到着。

[ 続きを読む ]

懐かしくも新鮮な長野放浪 05

廻り目平廻り目平キャンプ場、金峰山荘のあるのは川端下集落。集落に入るときには場違いに思えるような立派で大きな鳥居があり、その鳥居をくぐってゆく。

この辺りは日本のヨセミテと呼ばれているロッククライミングのメッカらしく、奇岩で覆われた山が空に向かってそびえている。私が訪れたことのあるヨセミテはただの観光だったからか、これほど険しい景色とはほど遠い気がするけれど…。

ところどころ影になって凍った道にどきどきしながらも、残雪のまぶしさもあって明るい道を進み、目指す廻り目平キャンプ場、金峰山荘に辿り着いた。
駐車場から山荘方面へと車の走っている跡がついているので、D5でも上って行ってみたが、どうやらバギーかなにかの跡のようだ。積もった雪道をバックして戻る。

[ 続きを読む ]

懐かしくも新鮮な長野放浪 top

長野放浪旅冬の大陽が傾きかける午後3時出発するという驚くほどのんびりな出発で、二日から四日まで放浪旅をしてきました。
この10年はあまり近づかず、素通りというよりどちらかと言えば避けてしまうくらいだった長野、山梨方面です。
黒姫で日本海側の重い雪を感じ、明るく開けた高原を快走しながら雪化粧している八ヶ岳や南アルプスの甲斐駒ケ岳や北岳、富士山を眺めてきました。この辺りを避けていたなんてずいぶんもったいないことをしていたようです。
しかし、わが家からだと都内を横断するという関門があり、中央道は渋滞のトラウマがあり、しかもにぎやかな観光地という印象も拭えず、なかなか足が向けにくいのが事実。
でも、今回はカレンダーが味方してくれたのか(往路の都内以外は)、どこもかしこも空いていてわたしたちの印象はがらっと変わりました。パセ&ポプも久しぶりの雪を喜んでいたようです。
来年のお正月旅もこちら方面でいいかも。

※半年も経ってやっとTOPだけですが公開です。テキストは1月6日に作っていたんですけどねσ(^_^;)続きのアップはまたいずれ…。(2011.06.03)

※やっと更新を始めました(2011.8.31)

中国、近畿、四国もちらっと放浪旅 11 熊野~千葉

キャンプ場の朝5時半起床。
渡瀬みどりの広場キャンプ場を改めて見渡す。
昨日は暗くなってからの到着だったから、ほとんど周りがわからない、と思っていたけれど、明るくなってから見てもその全景は変わらなかった(笑。

広場の真ん中に、石を積んだファイアーサークルがどんと鎮座している。イベントでも使われる広場なのかなぁ。そういう目的で使うとすれば、手狭に感じるキャンプ場。

朝ごはんは、車外で食べることにした。

[ 続きを読む ]

2009年 キャンプ初め 03

あさ 外に出て見るとシェルからは薄い氷の結晶が毛羽立っていて、車はある種の病原菌に覆われたようなボディになっていた。
温度はやっとプラスになっている。起きたばかりはマイナス5度くらいだったけれど、太陽が出てきて一気に気温が上がった。

[ 続きを読む ]